0416f5007c26cbcff3592f3cd822360b_m

更年期障害

更年期障害の症状について③(精神編)

体だけでない!更年期特有の精神症状

 

怒り

 

体の症状も辛いのですが、外側からあまりわからない精神的な症状は多くの更年期世代を悩ます厄介な問題です。
 
まるで、今までと人が変わったような変化に周囲も戸惑う事でしょう。
 
しかし当の本人が一番戸惑っているのです。
 
「些細なことが気になりだして、身近にいる大切な人につい声を荒げてしまう。」
「苛立つ気持ちを止められない。」
 
更年期女性のこのような声をよく聞きます。
 
誤解されてしまい、今まで順調だった関係にヒビが入ってしまうようになっては大変!

 

憂鬱

 

イライラや怒りっぽくなる他にもこのような精神的な不調がおきやすいと言われています。
 

  • 鬱・不安感・落ち込みやすい
  • イライラ・神経質・怒りやすい
  • めまい
  • 睡眠障害
  • 疲れやすい・だるい
  • 物忘れ
  • 判断力・集中力の低下

どうですか?
 
もしかして身に覚えのあるものがあったのでは?
 
「昔はこんなことなかったのにどうしちゃったのかしら?」と思うあなた。
 
もしかすると更年期に起こりやすい精神的症状かもしれません。
 

なぜ気分が落ち込むの?

 

精神的

 

うつ病などの精神的な疾患と更年期特有の心の不調はなかなか区別できません。
 
更年期の一時(いっとき)だけ!と思っていたら、その後もずっと気分の落ち込みや不安症状が続き、実はうつ病だったという場合も少なくありません。
 
逆に、今までうつ病だと思っていたのに、何かのきっかけでホルモン治療をしたら、気分が晴れたというようなこともありえることでしょう。
 
どうして更年期に心の不調がでやすいのでしょうか?
 
やはりこれにもエストロゲンの影響が大。
 
身体の様々なところに影響を及ぼしていたエストロゲンには、実は気分を安定させる働きもあったのです。
 
女性の皆さん、生理前はイライラしたり、疲れやすかったり、やる気が起きない、憂鬱だったことを覚えていませんか?
 
そして生理が始まり、1週間経つ頃、憂鬱な気分がガラッと変わって活動的になり、心も体も絶好調になった経験、ありますよね。
 
その頃からエストロゲンの分泌が盛んになったため、このような体調の変化が起きたのです。
 
なんだか、更年期の精神的症状って、ちょうど生理前の不調と似ていると思いませんか?
 
感情を抑えることが難しく、ついイライラしてしまった生理前。
いつもならそんなに気にならないことにも傷ついてしまう、そんな不安定な精神状態。
 
今までは次の生理が来るまでの約2週間という短い不調でした。だってエスロトゲンの量が増えれば気持ちも安定しましたからね。
 
しかし更年期は約10年というロングスパン。
 
しかも残念なことにエストロゲンの量が増えることはありません。
 
そのため落ち込みや不安な気持ちが長く続くことになります。

 

寝込む

 

誰だって精神状態が不安定な期間が長くなれば、気分が滅入ってしまいます。
 
そこへ気持ちをもっとブルーにさせることが重なります。
 
身体的な更年期症状です。
 
なんとかしたい!と思いながらも、なかなか改善できない、いつまで続くのだろうか。
 
体と心の不調に挟まれ、焦りやストレスが溜まってしまい、より深刻なうつ症状に陥っても不思議ではありません。
 

生活環境の変化

心の不調の原因は、エスロトゲンの減少だけではありません。
 
多くの50代女性が直面する環境の変化も影響してきます。

 

管理職

 

男性の50代同様、この時期は管理職昇進や後輩の指導を任される女性も出てきます。
 
今までとガラッと変わる環境や仕事量の増加は誰にだってストレスのかかること。
 
ストレスにさらされると1日中ピリピリしがち。これではいつも張り詰めた気持ちでリラックスできません。

 

空の巣症候群

 

さらに、リラックスする場である家庭でも、生活の変化を迎える女性も増えてきます。
 
例えば『空の巣症候群』。これはアメリカで名付けられました。
 
子供達が成長し、独立して家を去った後、心にぽっかりと穴が空いたような孤独感や虚しさに襲われ、前向きな気持ちになれない親御さん達の様子を表現しています。

 

介護する女性

 

他にも、今まで元気だった親達が歳をとり、同居介護を始める女性もいることでしょう。身近な人との別れを経験する人も出てきます。
 
ご主人の定年など、今までとは違う生活スタイルを余儀なくされる場合も。
 
なんとなく予想していたとしてもいざそうなると思い通りにならないことや、すぐに解決できないものばかり。
 
これらが次から次へとやってくれば、いつもアグレッシブな人だってめげてもおかしくありません。
 

自分自身の変化

 

鏡に映った自分

 

そのような生活環境の変化は、今まであまり感じなかった「老後」を意識させるきっかけになることでしょう。
 
これからどんな老年期を迎えるのか、改めて考える人も出てきます。
 
環境の変化だけではありません。
 
自分自身の変化です。
 
例えば、鏡に映った自分の顔、体型の崩れ、体力の衰え、または体調を崩してしまうと否応無しに自分が歳をとったことを意識させますよね。
 
まだまだ若い、まだまだ元気という気持ちが凹みがちになってしまい、老後への不安や気分の落ち込みが、より鬱々とした気持ちにさせることも少なくありません。
 

更年期を受け入れませんか?

 

笑顔の家族

 

私たちはつい人と比べてしまいます。
 
体や心の不調にも、「同じ年齢でもあの人は頑張っている。気持ちの問題。」と無理に笑顔を作ってしまいがち。
 
「今自分は更年期である」となかなか認めたくない気持ちもよくわかります。
 
聡明なあなたなら本当は気がついているはず。
 
ここ最近の不調は「もしかして更年期にはいったのでは?」と。
 
今まで経験したことのないことがいっぺんにやってきて、その1つ1つにどう立ち向かえばいいのか、どうたて直せばいいのか当の私たち自身パニックを起こしているのです。
 
それはどの女性も同じ。
 
リラックスするよう今まで以上に心がけることはもちろんのこと、あまりにも辛い時には、医療機関でカウンセリングや治療を受けるも選択肢の1つとして、覚えていてくださいね。
 
いつも自分に自信いっぱいの人はいません。私たちは常に変化しています。
 
精神的な不調で身近な人の誤解を招き、そんなつもりはないのに傷つけてしまっては切ないですよね。
 
そうなる前に。
 
「イライラしちゃうのは更年期のせいみたい。」って言ってみませんか?
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 10

    ケイ素

    更年期障害の症状について(身体編①)

    更年期症状は100以上エストロゲンの減少が心身のいたる…

  2. 171122_1_01

    ケイ素

    女性の一生に長く影響する女性ホルモン

    女性だけにあるもの いろいろな場面で男女差はなくなってきた…

  3. 171122_2_01

    ケイ素

    更年期障害とは?

    20代と何かが違う…女性って本当に頑張り屋さん。時には…

  4. 4-2_06

最近の記事

  1. 0416f5007c26cbcff3592f3cd822360b_m
  2. 4-2_06
  3. 10
  4. 171122_2_01
  5. 171122_1_01
  1. drink_water

    ケイ素

    ケイ素サプリメント比較~水溶性ケイ素サプリメントなら安全な植物性の水溶性ケイ素が…
  2. 507_eye

    水素水

    人間の身体にとって水がいかに大切か人体と水の関係
  3. celeb1

    ケイ素

    ケイ素(シリカ)を海外セレブや芸能人が愛用する理由とは?
  4. 445_eye

    ケイ素

    ケイ素で簡単ダイエット!水溶性ケイ素を飲むだけなので継続も簡単
  5. 110_re14

    ケイ素

    水溶性ケイ素は愛するペットの猫や犬用のサプリメントとしても活躍!
PAGE TOP