a4cf4770c53221f312dbf405887245a6_m

ケイ素

夏は注意!血行不良の女性の冷え性対策は服装が基本!運動で血液循環を良くしよう!

 
「冷たい!」
 
手を握ると、一瞬相手がいつも手を放します。特に冬場、私の手足は氷のように冷たい。
 
冬だけでなく私は一年中氷の女。真夏以外、必ず靴下を履かないと、眠れないほど足は冷えています。
 
冷え性と寒がりとは違います。寒がりの人は、寒くなったら1枚よけいに着込んだりすると、暖かくなりますよね。でも冷え性の人は真夏でも体に冷たい部分を感じますし、季節問わず1年中ずっと続くのです。
 
このような冷え性の女性って多いですよね。手足に十分な血液が流れていないから冷え性になる!と断言しても良いでしょう。血流が悪いと、栄養や熱源を十分に届けられません。だから冷えてくるのです。
 
血流が悪くなる要因はいろいろあります。
 

冷え性

 
例えばもともと血液量が不足する貧血や、体を流れる血液の勢いが弱い低血圧、血栓などができて血管が狭くなっている動脈硬化が起きていると、冷え性になってしまいます。
 
またストレスが多い人も血流が悪くなります。
 
ストレス状態が長く続くと、自律神経が不調になり、体温調節もうまくできず、なおさら冷えてしまうこともあります。
 
女性に冷え性が多いのはどうしてでしょうか?
 
1つは女性の体型にあります。男性に比べて女性の筋肉量は少ない。筋肉量が多いと、全身に血液を巡らせる力が弱まるので、血液循環が男性に比べて悪いのです。
 
特に運動嫌いの女性はそれだけでも血行の悪い体になっています。血行が悪いと、細胞に必要な栄養や、熱源、酸素など十分な栄養素が行き渡りません。
 
1度血流が悪くなると、血液のドロドロ化がさらに進み、老廃物をしっかり摂りきれず、不要なものを溜め込んでいきます。代謝が落ちる、という状態です。
 
代謝が落ちるとさらに、血流が悪くなり、血液はもっともっとドロドロしてくるという悪循環になってしまうのです。
 
代謝の良い体を目指して、冷え性の女性はできるだけ運動しなくてはいけませんね。
 
もう一つは女性らしい理由です。女性にとっては耳が痛い、ことかもしれませんね。
 
私たちの服装です。見た目やスタイル優先の服装を選んでいませんか?
 

見た目やスタイル優先

 
ぴったりとしたスキニーパンツを颯爽と履いているのはかっこいい。ヒールの高い靴はお尻の位置を高く見せ、足長に見せてくれる。スタイルを良く見せたい!モデルのような服が着たい!今年の流行はこれ!と、美への憧れの方が勝っていませんか?
 
体を締め付けると血流が悪くなります。指をぎゅっと強く抑えると、血流が悪くなって指先が冷たくなってしまいますよね。
 
また季節にあわない、もしくは自分の体調にあわない、極端な薄着をしていませんか?
 
真夏になると、女性は素肌に1枚みたいな時がありますよね。外で過ごすのはそれでもいいかもしれませんが、男性でさえもスーツを着ているクーラーの効いた室内でもそのような洋服のままでいたら、体の芯から冷え切ってしまいます。
 
寒いと感じているのを無視し続け、薄着を続けると、本来持っている体温調節機能が狂い始めます。寒さに対して鈍感になり、冷え性だけでなく、体温そのものが下がり、いつも35度しかない、低体温になってしまいます。低体温になれば体の免疫力が下がるので、病気にかかりやすく治りにくい体になってしまうのです。
 
手足の冷えは感じなくとも、頭痛や肩こりはありませんか?
腰の冷えを感じませんか?
なんだか骨盤の高さが左右違う?と思ったことはありませんか?
 
これらは全て血行不良で体が悲鳴をあげています。
 

体温調節機能の低下

 
血液が滞った部分では、筋肉も硬くなるので歪みとして症状が出てきます。例えば骨盤が歪んでしまうと、立ち姿や歩き姿が悪くなり、スタイルが悪くなってしまいますよね。
 
また腰が冷えると骨盤内がうっ血します。お腹には女性にとって大事な臓器が集まっていますから、月経困難症や、将来妊娠しにくい体になってからでは遅いのです!
 
冷え性にならないためには体の血流改善がマストです。自分が長く続けられるような運動を習慣にし、筋肉をつけるようにしましょう。
 
運動が苦手ならば、冷えに効くツボを深呼吸しながら、ゆっくりと押すのもいいことです。極端な薄着や体を締め付ける服装をやめましょう。ストレスが溜まったら、こまめにストレス解消に努めましょう。
 
たかが冷え性、とあなどってはいけません。氷の女を一刻も早く卒業しましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. anti
  2. 84_re2

    ケイ素

    水溶性ケイ素の白髪・養毛効果|水溶性ケイ素サプリメント

    髪の栄養素ケイ素!「白髪が増えてきた」、「髪が薄く…

  3. ケイ素

    植物性ケイ素が雑誌「壮快」2015年11月号に掲載されました

    健康雑誌「壮快」2015年11月号に、弊社の「ライスリシカプレ…

  4. 011

    ケイ素

    水溶性ケイ素サプリメントに安全な植物性ケイ素が誕生!

    植物性水溶性ケイ素を購入してみました。40代に入ってか…

  5. b9fada6d7641ba331dd74ca9aa36b8fc_m

    イノシトール

    もう繰り返したくない!便秘体質からさよならするには!

    便秘を克服するには?誰でも便秘の苦しさを改善したい!と思い…

  6. 908_eye

    イノシトール

    あなたの何気ない食事の生活習慣がメタボを作る

    生活習慣病のきっかけとなるメタボシンドローム。 今は若いか…

最近の記事

  1. 79be75f4e753efa0fe924f1ae05ab278_m
  2. top171027
  3. 87d96566d98420dbb51a9aee55252a4f_m
  4. b9fada6d7641ba331dd74ca9aa36b8fc_m
  5. z5cj7mc4

特集

  1. メタボとは?
  2. 内臓脂肪と皮下脂肪の違い
  3. メタボと食事
  4. メタボと睡眠
  5. ストレスとの関係
  6. 予防法:運動編
  7. 脱メタボ食事のコツ
  8. 食事対策1
  9. 食事対策2
  10. 運動対策
  11. メタボに効く成分
  12. 子供とメタボ
  13. 生活習慣を意識する

ケイ素とは

  1. 効果・効能を解説
  2. ケイ素サプリメント比較
  3. 効果的な摂取方法
  4. ケイ素が多い食品
  5. ケイ素と海外セレブや芸能人
  6. Q&Aで解説

体験談

  1. 希釈して肌や髪にスプレーしてみた
  2. 美肌効果を簡単に体験してみた

健康効果

  1. 骨粗鬆症
  2. 免疫力向上
  3. デトックス
  4. 睡眠の質
  5. 血管と血流
  6. ペットの健康
  7. ワキガ・加齢臭

美容効果

  1. ダイエット
  2. 爪を強くする
  3. 白髪・養毛
  4. 美肌効果
  5. 高級化粧品成分
  6. エイジングケア
  7. お肌のハリとケイ素
  8. ハリがなくなる2つの原因
  9. 見た目年齢を決める4ライン
  1. cd989f59141f833b4eda38b73308aff8_m

    イノシトール

    あなたの便秘はどのタイプ?機能性便秘について
  2. 969_eye

    イノシトール

    あなたの何気ない生活習慣である睡眠不足がメタボを作る。
  3. 708_eye

    水素水

    水素水の安全性と副作用について~食品添加物で好転反応もある
  4. 124normal_2

    ケイ素

    ケイ素サプリメントで割れた爪を強くする!お手入れはケイ素入りクリームで
  5. 126_senior_1

    田七人参

    田七人参の驚くべき効果効能|田七人参サプリ健康法
PAGE TOP