ケイ素

血行不良を改善してお肌のしみ、くすみを簡単スキンケア!

いつまでも若々しく見られたい!女性全員の願いです。

急にお肌が荒れてしまったり、十分寝たはずなのに目の下にクマができたり、「顔色が悪いね。」なんて言われようものなら!
お肌の状態1つで、ご機嫌な1日になるか、がっかりの1日になってしまうか。
男性にとっては理解しがたい事かもしれませんが、女性は自分の肌状態で一喜一憂する生き物なのです。

悩みが増えるごとに、新しい化粧品が気になりませんか?
その場しのぎのケアではなくて、まずはしっかり自分の体の中を見つめてみませんか。

お化粧をしていなくても、内側から輝いて見えるキレイな女性、いますよね。
その一方で高い化粧品をつけていても、高機能ファンデーションをつけていてもなんとなくその効果がわからない女性、この違いはどこにあるのでしょうか。

顔色に注目してください!
血色はどうでしょう!

不健康な肌の上からどんなにいいものをつけたとしても、十分な効果が得られないのです。

健康なお肌?と首をかしげる人もいるでしょう。荒れているとか、ニキビがあるとか、そういうものではなくて、しっかり栄養が行き渡った肌を健康な肌と呼ぶのです。

化粧品屋さんでお顔のマッサージをしてもらったら、顔色がぱあっと明るくなった経験、ありませんか?肌色もワントーン明るめのファンデでも十分だし、今まで悩みの種だったたるみがなくなって、お肌もハリが出てきています。目やほおの位置が高くなり、何歳も若返ったような見た目にびっくりしますよね。たかがマッサージとあなどるなかれ。

まさしくこれなのです。
マッサージで血行が良くなったおかげでこのようなミラクルが起きたのです。
つまり血行を改善すればお肌の調子は良くなります!

血行不良で、まず浮かぶのが冷え性や肩こりだと思います。
便秘や頭痛、女性特有の生理痛など、私達女性を悩ます症状のほとんどは血行不良が原因といっても過言ではありません。

私達の体の中に大きな川があると想像してみてください。
川を血管、川を流れる水を血液と考えましょう。
川の流れにのって、栄養や酸素など、体に必要なものが運ばれ、体のあちこちから不要になったものを受け取って巡回しています。体の隅々まで血液が勢いよく流れている、それが健康な状態です。

なんらかの原因で川にゴミがたまり、川幅が狭くなったり、もしくは川を流れる水量そのものが減ってしまったりしたら?

これが血行不良の始まりです。

十分な栄養が届きません。老廃物は溜まる一方。栄養を待っている細胞達が疲弊してきます。なおさら川は汚れてきて、もっと流れに勢いがなくなってしまったら。血液循環が悪くなった状態です。

お肌にも同じことが起きています。
お肌の細胞1つ1つが栄養不足になってしまうと、元気がなくなり、老廃物を排出する力もありません。こんな状態では生き生きとした健康的なお肌とは言えません。

健康なお肌とは十分な栄養や酸素が届けられ、老廃物をためこまないように血液が勢いよく流れていること!
老廃物のない、栄養が行き届いた細胞は外的刺激にもびくともしません。

外的刺激とは紫外線や、乾燥です。私達はシワの原因は乾燥、シミはうっかり浴びた紫外線のせいだから仕方ない、と思っています。

女性のお肌の悩みの第1位、シミの原因は紫外線です。

紫外線を浴びると、表皮の一番下では「メラニン色素」が作られます。
メラニンがシミの原因、というのはみなさん、良くご存知ですよね。メラニンがそのまま皮膚に残ってしまうと、シミになってしまいます。

しかし私達のお肌は一定の周期で生まれ変わるという素晴らしい機能を持っています。
ですから、たとえメラニン色素ができたとしても、老廃物として排出されれば、シミにはならないはず。お肌の血行が良く、細胞が元気であれば、紫外線をうっかり浴びたとしても、この生まれ変わり(ターンオーバー)は順調に行われます。

お肌細胞を元気にするにはお肌の血行不良を改善するのが一番の近道です。それにはマッサージが有効的。お肌本来が持つ力を引き出すためにこまめにマッサージをしましょう。どんどんお肌細胞が活性化します。

お肌の血行が良くなると、血色が良くなりますので、シミ予備軍のメラニン色素だけでなく、くすみやたるみにも効果があります。お肌の弾力も戻ってきます。

血行不良は百害あって一利なし!
血流改善がお肌にも関係しているなんて!驚きですよね。

シミ、くすみ、たるみには血行改善が有効的!
ではシワはどうでしょう?

シワは確かに老化現象の1つです。赤ちゃんにシワはありませんよね。

赤ちゃんの細胞は生まれたてですからそれとは比べようがありませんが、私達は細胞を元気にする方法を知っているのですから、それを実践しましょう。

お肌の血行を改善して、お肌のターンオーバーを促します。
細胞が元気なお肌は弾力があり、キメも細かいですから、新しいシワが刻まれる隙を与えません。たとえ今あるシワも肌の内側からふっくらしてくれば、少しずつ気にならなくなるでしょう。
空気が少ないシワシワの風船の中にしっかり空気が入り、パンパンになると、風船のシワがなくなる、それと一緒です。

血行不良を直すと、心身ともに健康になるだけでなく、内側からきらきらと輝く魅力的な女性になれるのです!このままにはしておけません!

では、どうして女性は血行不良に悩むのか?不思議ですよね。
血行不良で困っている、という男性をあまり聞いたことがありませんから。
どうしてなのでしょうか?

残念ながら、女性は男性よりも、血行不良を起こしやすい体をしているのです。

まず女性は男性と比べて筋肉が少ない、華奢な体型をしています。

筋肉は体を動かす力だけではありません。血液を押しやるためのポンプの役目をするのです。「ふくらはぎは第2の心臓」という言葉を聞いたことがありませんか?
足に流れた血液は重力に逆らって、心臓に押し戻さなくてはいけません。
ふくらはぎにしっかり筋肉があり、よく動くと、押しやる力も大きくなります。

女性は筋力不足ですから、男性に比べて血液を押しやる力が弱いのです。
しかも筋力は熱源にもなります。華奢な女性に冷え性が多い、というのも頷けます。

次に。男性にはない、生理という存在です。

女性は月に一度、体から大量の出血があります。それまで、体内を血液が勢いよく流れていて、血行不良など感じていなかったとしても、生理で一気に血液がなくなると、血液量自体が不足してしまうので、今までのような勢いで流れることは難しくなります。
生理のない男性は日頃の血液量に差がありませんが、女性の体は血液不足になりがちなのです。

また女性ホルモンも影響します。女性ホルモンのエストロゲンは女性らしい体つきを作り、生理をきちんと促す、
女性にとっては大事なものなのですが、血管を広げる、という作用もあるのです。

血管が拡張されるのは良いことなのでは?と思いますよね。
想像してみてください。今までの太さの血管で勢いよく流れていた血液が、広い血管でも同じように流れるでしょうか?体内を流れる血液量に代わりはないのですから、広くなった分流れはゆっくりになってしまいますよね。
血液は勢いよく流れるのが基本。流れがゆっくりになるだけでそれはもう血行不良
になっている!ということなのです。

女性の一生はホルモンときっては切れない関係です。間違った生活習慣や、加齢などでもホルモンのバランスが悪くなることもあります。ひとたびホルモンのバランスを崩してしまうと、血管の収縮と拡張がうまくできなくなり、なお一層血液循環を悪くする要因となります。

このように女性は元来血行不良を起こしやすい体なのです。
ですから食事では不足がちの栄養をサプリメントで補給するというのもおすすめです。

例えば生理になると、貧血気味でふらふらしますよね。そのような時には鉄分サプリで補いましょう。鉄の吸収にはビタミンCも必要ですから、一緒に取るのも良いでしょう。
血液循環を改善するサプリメントは他にもあります。
ビタミンA ビタミンB6 銅などです。
ビタミンEは冷え性にも効く、血流をよくするサプリとしてよく知られていますね。

また、ケイ素や田七人参の由来のサポニンも有効です。こちらはケイ素と田七人参が合わさったライスシリカプレミアムというものが有名ですね。

サプリメントはあくまでも補助。基本は食事からです。好き嫌いをなくし、お肉やお魚などもしっかり食べ、たりない分だけをサプリメントで補うようにしましょうね。

女性として生まれてきたからには、これらの体の仕組みは避けては通れませんが、この他に決してやってはいけないことがあります。

それは無理なダイエットです。
女性誌やネットにはダイエット特集があふれています。女性は美に対して貪欲な生き物ですから、「夏までに◯Kg痩せる!」「◯だけで簡単ダイエット!」などの言葉につい気持ちが揺れてしまいます。
モデルや芸能人の姿に憧れて、十分痩せているのに、もっと痩せたい、痩せた方がきれい!と、不要なダイエットをする若い女性もたくさんいます。

私達の体は自分が食べたものでできているのです。
痩せたいからと言って、食べなかったら体に必要な栄養が足りません。

栄養不足の体は血液が作れないので、血液の量そのものが少なくなってしまいます。
栄養が足りないので筋肉も育ちません。ダイエットで自らが血行不良の体になっているのです!!

ダイエットに成功しても、ガサガサでツヤのない肌をしていたら、どうでしょうか?
女性として魅力的でしょうか?

無理なダイエットはあなたの本来の魅力を奪ってしまいます。

血行不良になると体温が低くなります。
体が冷えてくるとなお一層、血流が悪くなるので、体は温めなくてはいけません。
毎日の生活で手軽に体を温めたい、と思ったら衣服で調節するのが良いでしょう。

夏場、クーラーが効いている部屋では1枚羽織るものを用意したり、生足ではなくてレッグウォーマーをはいたり、体温が奪われないようにしましょう。
冬場、足が冷たいときには靴下の重ね履きをしたり、湯たんぽを入れて体を温めたり。
薄いブラウスを着ていても、保温効果の高い下着や腹巻をするなど、冷え対策を万全にするのが賢い女性です。冷え解消の商品は市場にたくさん出回っています。
おしゃれでかわいいグッズを探してみましょう。このような工夫は女性の得意分野ですからね!

心身ともに若々しい女性になりたいですよね!
ぜひ、ご自分の体の内側、ご自分の体は血行が良い方なのか、確認してみましょう。
血行不良をほっておいてはいけません。
栄養不足の細胞は体を疲弊させ、老けこませる原因になります。
体の隅々までスムーズに血液が流れていれば、細胞の1つ1つが元気になり、それが集まった体は内側から美しさが溢れてきます。
疲れにくく、活動的な人は年齢以上に若々しく感じられます。

あなたが魅力的な女性になるにはそう時間はかかりません!
さあ、あなたの魅力を開花させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 122ago_1

    ケイ素

    見た目年齢を決める4つのラインとは

    見た目年齢を決める4つのラインとは最近何だか顔がぼんや…

  2. 872_eye

    イノシトール

    メタボは腹囲だけでなく内臓脂肪や皮下脂肪の有無が重要

    腹囲太る=メタボ? メタボ判定では腹囲(男性腹囲が85cm…

  3. ケイ素

    血液循環・血行不良を呼吸で良くする超簡単な方法

    私達人間は生まれてすぐ、誰に教えられたわけでもなく、呼吸をします。内臓…

  4. 114

    ケイ素

    高級化粧品成分シラノールの驚くべき美肌効果|水溶性ケイ素サプリメント

    ケイ素入り化粧品があれば!ケイ素は元素なので飲用し…

  5. 126_senior_1

    田七人参

    田七人参の驚くべき効果効能|田七人参サプリ健康法

    田七人参とは?「田七人参」は「三七人参」とも呼ばれウコ…

  6. skincare

    ケイ素

    植物性の水溶性ケイ素で内側からお肌のしみしわをスキンケア

    もう年だから仕方ないと諦めていませんか?最近こんな…

最近の記事

  1. 872_eye
  2. 852_eye

特集

  1. 植物性ケイ素

ケイ素とは

  1. 効果・効能を解説
  2. ケイ素サプリメント比較
  3. 効果的な摂取方法
  4. ケイ素が多い食品
  5. ケイ素と海外セレブや芸能人
  6. Q&Aで解説

体験談

  1. 希釈して肌や髪にスプレーしてみた
  2. 美肌効果を簡単に体験してみた

健康効果

  1. 骨粗鬆症
  2. 免疫力向上
  3. デトックス
  4. 睡眠の質
  5. 血管と血流
  6. ペットの健康
  7. ワキガ・加齢臭

美容効果

  1. ダイエット
  2. 爪を強くする
  3. 白髪・養毛
  4. 美肌効果
  5. 高級化粧品成分
  6. エイジングケア
  7. お肌のハリとケイ素
  8. ハリがなくなる2つの原因
  9. 見た目年齢を決める4ライン
  1. 872_eye

    イノシトール

    メタボは腹囲だけでなく内臓脂肪や皮下脂肪の有無が重要
  2. 101_eye

    ケイ素

    水溶性ケイ素で簡単デトックス!溜めにくく出しやすい体へ!ケイ素サプリメント
  3. ケイ素

    血液循環・血行不良を呼吸で良くする超簡単な方法
  4. 81_re1

    ケイ素

    ケイ素が多い食品・爪の栄養にも最適|水溶性ケイ素サプリメント.com
  5. anti

    ケイ素

    ケイ素で老化防止!アンチエイジング!美魔女ブームの意義とは?水溶性ケイ素サプリメ…
PAGE TOP