ケイ素

ケイ素でワキガ・体臭・加齢臭対策!水溶性ケイ素サプリメント.com

ケイ素が臭いを消臭してくれるって知っていました?

ケイ素は、骨や腱、血管、歯、つめなどの主要な組織を形成する大切な元素で、私たちが健康に生きていくために欠かすことのできないものです。

 

ところが、体内では作り出せないため、年齢とともに減少していってしまいます。いつまでも若々しい体を保つためには、吸収性の良い植物性シリカ濃縮液でケイ素を定期的に補給することが必要とされています。

 

ここでは、気になる体臭とケイ素の関係について考えてみましょう。

 

ケイ素の静菌作用

体の表面からのニオイは、汗と脂が混ざり、細菌が繁殖して発生します。ニオイの気になる部位に、水溶性ケイ素の希釈液をスプレーすると、ニオイの元となる細菌の繁殖を抑えてくれます。そして、気になるニオイの発生を防いでくれるのです。
さらに、カビの一種である水虫にもケイ素の静菌作用が効果を発揮してくれるものうれしいですね。

 

ケイ素の浸透性

ケイ素を摂取すると、その浸透性の高さから腸内で速やかに吸収され、血管の悪玉コレステロールや脂肪を吸着し、血液をサラサラにしてくれます。汗は元々血液ですから、血液がサラサラで健康な状態になると、汗もサラサラないい汗になります。

 

ケイ素の洗浄・除去力

植物性シリカ濃縮液「からだ天国」には、ケイ素以外のミネラル成分も含まれています。ミネラル成分は、腸内環境の向上に大きな役割を果たしています。ミネラル成分を摂取することで、腸内の悪玉菌を抑制して異常発酵を抑え、毒素が体内に吸収されるのを防いでくれるのです。そして、ケイ素は、老廃物を吸着排泄してくれます。このように、水溶性ケイ素を継続的に飲むことで、ワキガや加齢臭などの体臭予防が期待できます。

 

血液や腸内環境が健康だと、体臭予防はもちろんのこと、便秘の解消や動脈硬化の予防など、いいことがいっぱいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ケイ素

    植物性ケイ素が雑誌「壮快」2015年11月号に掲載されました

    健康雑誌「壮快」2015年11月号に、弊社の「ライスリシカプレ…

  2. イノシトール

    サプリや漢方薬でメタボ改善の対策が始まった!

    日本中の中高年が悩んでいる!メタボ改善…

  3. イノシトール

    簡単な運動にメタボの予防効果あり!

    メタボに対する運動の効果とは?疲れたときあなたはどちらのタ…

  4. イノシトール

    メタボを改善する食事で気を付けたいことは?

    調理の段階で、メタボ予防はできないか?メタ…

  5. イノシトール

    危険!注意!メタボな子どもが増えている

    よく食べ、よく遊び、よく眠る子どもってそういうイメージ…

  6. ケイ素

    ケイ素が多い食品・爪の栄養にも最適|水溶性ケイ素サプリメント.com

    珪素は、体内で作り出せないだけでなく、毎日排出されていって…

最近の記事

特集

  1. メタボとは?
  2. 内臓脂肪と皮下脂肪の違い
  3. メタボと食事
  4. メタボと睡眠
  5. ストレスとの関係
  6. 予防法:運動編
  7. 脱メタボ食事のコツ
  8. 食事対策1
  9. 食事対策2
  10. 運動対策
  11. メタボに効く成分
  12. 子供とメタボ
  13. 生活習慣を意識する

ケイ素とは

  1. 効果・効能を解説
  2. ケイ素サプリメント比較
  3. 効果的な摂取方法
  4. ケイ素が多い食品
  5. ケイ素と海外セレブや芸能人
  6. Q&Aで解説

体験談

  1. 希釈して肌や髪にスプレーしてみた
  2. 美肌効果を簡単に体験してみた

健康効果

  1. 骨粗鬆症
  2. 免疫力向上
  3. デトックス
  4. 睡眠の質
  5. 血管と血流
  6. ペットの健康
  7. ワキガ・加齢臭

美容効果

  1. ダイエット
  2. 爪を強くする
  3. 白髪・養毛
  4. 美肌効果
  5. 高級化粧品成分
  6. エイジングケア
  7. お肌のハリとケイ素
  8. ハリがなくなる2つの原因
  9. 見た目年齢を決める4ライン
  1. 水素水

    水素水の濃度と効果の関係を始めとする疑問
    (ppm/基準/測定/パウチ/ボ…
  2. ケイ素

    植物性ケイ素が雑誌「壮快」2015年11月号に掲載されました
  3. 更年期障害

    更年期障害の症状について③(精神編)
  4. イノシトール

    メタボは腹囲だけでなく内臓脂肪や皮下脂肪の有無が重要
  5. 水素水

    活性酸素とは何?悪性の活性酸素が引き起こす病気を徹底解説
PAGE TOP