ケイ素

ケイ素で簡単ダイエット!水溶性ケイ素を飲むだけなので継続も簡単

ダイエット、したいですか?

あなたはダイエットした経験がありますか?

今よりももっとやせたいと思っていますか?

 

ダイエットの基本はいたってシンプルなものです。
摂取カロリーを今より減らし、その分消費カロリーを増やせば痩せることを誰でも知っています。

 

それなのに、なぜこんなにダイエット方法があるのでしょうか?

 

最近話題になったものでも、食事制限と運動指導のプログラムで引き締まった体作りをうたい文句にしている会員制のジムや糖尿病の食事療法を参考にした糖質制限ダイエットなど、1年間で私たちが耳にするダイエット情報はかなりの数になります。
 

次から次へと新しいダイエット法を試さずにはいられない、その理由とは。
「少しでも楽に、少しでも効果的に痩せたい!」

 

あなたの太り方のタイプはどっち?

 

 

同じダイエット方法でも痩せる人と痩せない人がいます。それはなぜでしょうか?

 

太り方にも2タイプあって、自分のタイプにあったダイエット方法をしなくては、思うように効果が上がりません。
あなたはいったいどちらタイプでしょうか?

 

①水太りタイプ
このタイプは女性に多く、長時間座って仕事をする人やずっと立ちっぱなしの人に多く見られ、夕方になると足がむくみやすい、トイレの回数が少ない、冷え性などが特徴です。

 

筋肉が少ないため、熱量が生み出せず、血行不良、低体温や冷え性になります。そのため代謝が落ち、リンパの流れが悪くなり、下半身太りになります。

 

対策としては血行不良を直して代謝を良くすること。体をできるだけ冷やさないようにし、適度に運動して筋力をつけることが大切です。

 

②脂肪太りタイプ
原因は食べ過ぎ。

 

摂取カロリー>消化カロリー=脂肪がどんどん蓄積するタイプ。運動が苦手な人が多く、脂肪太りになります。

 

血液中のコレステロール量が増えてドロドロ血になりやすく、血行不良になります。対策としては食べ過ぎに注意して、今まで以上に動いて消費カロリーをあげることが大切です。

 

イオンチャンネルとイオンポンプ

水太りの特徴ともいえるむくみは体の中のイオンが大きく関係してきます。

 

私たちの体にはプラスイオンとマイナスイオンが共存していて、バランスをうまくとっています。

 

例えばプラスイオンとはナトリウムイオンやカリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオンなどで、マイナスイオンとは炭酸水素イオン、塩化物イオン、タンパク質などがあります。

 

体は細胞で作られており、細胞膜の内外を水やイオンなど様々な物質が常に行き来しています。

 

 

リン脂質で出来ている細胞膜はそのままではイオンが通れません。イオンは専用の通路「イオンチャンネル」を通って濃度の高いほうから低いほうへ細胞内外を行き来しています。

 

これではイオンの流れは一方通行にしかなりません。これではイオンバランスが崩れてしまいます。

 

そこでイオンの濃度差に逆らってイオンを運ぶときに使われるのが「イオンポンプ」です。

 

つまりイオンポンプは細胞内外のイオンバランスを取るためにイオンチャンネルの流れを逆方向にしたいときに使われます。

 

イオン交換時には同時に栄養素や酸素を細胞内に取り込み、細胞内にたまった炭酸ガスや老廃物を排出します。

 
 

むくみが起きる時、体にはどんなことが起きているのでしょうか。

 

ナトリウムイオンはイオンチャンネルを通って細胞外から内へ流れていき、細胞内のナトリウムイオン濃度が上がってきます。

 

通常であれば、ナトリウムポンプを使って細胞内のナトリウムイオンを排出し、代わりにカリウムイオンを取り込むことでバランスをとります。

 

しかしカリウムイオンが不足していたらどうでしょうか。これではバランスが崩れてしまいます。

 

ナトリウムの濃度を薄めるためには水分を余計に溜め込まないといけません。するとその細胞がむくんでしまうのです。

 

ケイ素がダイエットに効く

 

 

イオン交換が活発になれば、水太りやむくみは起きません。

ケイ素にはイオン交換を活発にする効果があります!
イオン交換が活性化すると、新陳代謝が高まるので、余分なものを貯めない、スリムな体型を維持できるのです。

 

乱れた生活習慣の人、今まで過剰なダイエット経験のある人はミネラルが足りません。
そのようなことをしていなくとも、ミドルエイジになると誰もがミネラル不足に陥ります!

 

そのままでは体には不要な金属イオンが溜まってしまい、いろんな悪さをしてしまいます。

 

ケイ素は体にもともとあったミネラル分です!実際40歳以降ミドルエイジの体のケイ素は20代の半分しかありません。ケイ素で体のミネラル不足を解消しましょう。

 

若いときと比べて40代になったら痩せづらくなった、いつの間にか体重が増えたと感じているあなたの体には、ケイ素が不足して、イオンバランスが崩れてしまっているのです。

 

このままではもっと不要なものがたまりやすくなってしまいます。新しいダイエット法をわざわざ試す必要はありません。

 

細胞内のイオン交換を活性化しましょう!いろんなものをどんどん排出し、必要なものだけをしっかり摂取できる「巡りのいい体」になりましょう。それにはあなたの体にケイ素を増やすだけ!

 

思わぬ効果も!

 

 

水を多く飲みましょう!と勧めるダイエットもありますよね。水は腸内環境が整え、デトックス効果が高め、代謝が良くするからです。

 

しかし水を飲むとむくみやすいから、と二の足を踏む人もいるでしょう。大丈夫です!ケイ素を混ぜたお水であれば、イオン交換が活発になるので水太りを防いでくれます。

 

ケイ素はマイナスイオンを持っていて、プラスイオンの老廃物をしっかり排出してくれるデトックス効果がアップします。

 

普通のお水を飲むよりも要らないものを溜め込まずにしっかり外に出してくれて、新陳代謝も高まれば、痩せやすい体になることでしょう。

 

ケイ素でダイエットはいたって簡単。ただ水に混ぜて飲むだけ。

 

ケイ素の持つ色々な効果でスリムな体型を手にすることだけでなく、以前よりも疲れにくくなったり美肌になったりと体に嬉しい変化が現れることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ケイ素

    食物繊維の主成分ケイ素で腸内環境元気!免疫力もアップ!水溶性ケイ素サプリメント

    腸内フローラを整備するのはケイ素が鍵!最近腸内フローラ…

  2. ケイ素

    植物性の水溶性ケイ素で内側からお肌のしみしわをスキンケア

    もう年だから仕方ないと諦めていませんか?最近こんな…

  3. ケイ素

    水溶性ケイ素サプリメントの効果的且つ簡単な摂取・飲み方・使い方!

    摂取は簡単!水溶性ケイ素のサプリメントとしての効果的な…

  4. ケイ素

    お肌のハリがなくなる2つの原因とは?|水溶性ケイ素サプリメント

    ハリがなくなる2つの原因とは?「年を取ってくると、…

  5. ケイ素

    水溶性ケイ素サプリメントに安全な植物性ケイ素が誕生!

    植物性水溶性ケイ素を購入してみました。40代に入ってか…

  6. ケイ素

    ケイ素が多い食品・爪の栄養にも最適|水溶性ケイ素サプリメント.com

    珪素は、体内で作り出せないだけでなく、毎日排出されていって…

最近の記事

特集

  1. メタボとは?
  2. 内臓脂肪と皮下脂肪の違い
  3. メタボと食事
  4. メタボと睡眠
  5. ストレスとの関係
  6. 予防法:運動編
  7. 脱メタボ食事のコツ
  8. 食事対策1
  9. 食事対策2
  10. 運動対策
  11. メタボに効く成分
  12. 子供とメタボ
  13. 生活習慣を意識する

ケイ素とは

  1. 効果・効能を解説
  2. ケイ素サプリメント比較
  3. 効果的な摂取方法
  4. ケイ素が多い食品
  5. ケイ素と海外セレブや芸能人
  6. Q&Aで解説

体験談

  1. 希釈して肌や髪にスプレーしてみた
  2. 美肌効果を簡単に体験してみた

健康効果

  1. 骨粗鬆症
  2. 免疫力向上
  3. デトックス
  4. 睡眠の質
  5. 血管と血流
  6. ペットの健康
  7. ワキガ・加齢臭

美容効果

  1. ダイエット
  2. 爪を強くする
  3. 白髪・養毛
  4. 美肌効果
  5. 高級化粧品成分
  6. エイジングケア
  7. お肌のハリとケイ素
  8. ハリがなくなる2つの原因
  9. 見た目年齢を決める4ライン
  1. イノシトール

    腸ってどんな働きをしているの?
  2. ケイ素

    血行不良を改善してお肌のしみ、くすみを簡単スキンケア!
  3. イノシトール

    そのままで大丈夫?便秘薬の使い方
  4. ケイ素

    食物繊維の主成分ケイ素で腸内環境元気!免疫力もアップ!水溶性ケイ素サプリメント
  5. ケイ素

    ケイ素サプリメント比較~水溶性ケイ素サプリメントなら安全な植物性の水溶性ケイ素が…
PAGE TOP