エスカレーター

イノシトール

メタボ改善!でもあなたの運動の仕方、間違ってませんか?

 

便利と引き換えに

私たちが運動不足になった大きな原因として「歩かなくなった」ことがあげられます。近場でも車を使ったり,2階へ行くにもエスカレーターを使ったりしていますよね。
 
バスや電車が発達したおかげで、歩いて移動する機会がめっきり減ってしまいました!
 
しかも毎日忙しいために運動からもすっかりご無沙汰。本当に私たちは体を動かしてはいません!たまに動かすと筋肉痛や怪我が心配で、運動を習慣にするには厳しいと感じる人も!
 
運動というと、ジムで走ったり筋トレしたりが浮かんでしまいますが、それは、どちらかというとダイエット(皮下脂肪カット)向き。
 
内臓脂肪をカットするには、「あまりきつくない運動を続けること」がポイントです。いきなり100%全力でしなくても大丈夫。それでも、今まで0(運動習慣がなかった)だったことを考えれば、すごい進歩です!
 

ゆるーい有酸素運動を目指そう!

やはり有酸素運動が最適です。有酸素運動というとどんな言葉が浮かびますか?
ジョギング?
ガッツに泳ぐ?
有酸素運動で心拍数をあげる?
 
間違いではありません。ただし、運動ひさびさのメタボ予備軍の方にとってはちょっとハードルを上げすぎです。
 

ウォーキング

 
ランニングブームだから走ってみよう!と意気込んでいる方、それはもう少し待ってください。まずは「運動ひさびさ」を卒業してからでも遅くありません。
 
徐々に運動に慣れてから、本格的なジョギングデビューをしましょう。でないと「運動久しぶり」の膝や腰、股関節にはちょっとハードですからね。
 
有酸素運動入門としてオススメは「ウォーキング」です。膝の悪い人にはプールでの歩行も、膝にかかる体重が水圧で1/6になるのでこちらもいいですね。他には「水泳」「サイクリング」など。
 
サイクリングは膝や腰の負担が少ないので高齢者の方には続けやすい有酸素運動でしょう。ウォーキングよりも長い距離をらくらく移動でき、風景を楽しめるのも魅力です。
 
いずれも選手を目指すような本格的トレーニングではなく、周りの様子を楽しめるくらいの余裕があるのが「ゆるい運動」の目安となります。
 

すぐにでも始められるウォーキング

水泳だと水着やプールが、サイクリングだと自転車が必要となります。今すぐに始められるわけではありません。
 

水泳とサイクリング

 
ぐずぐずしているといつまでたっても「運動久しぶり」レベルから脱却できません。決心したらすぐにでも始められるもの、といえばやはりウォーキングです。
 
しかもこれなら体1つで始められ、工夫次第ではお仕事の最中でもスタートできます。
 
理想は1日8000歩〜1万歩です。
 
現実には電車通勤の人で4000歩くらいと言われています。足りませんね。これが車通勤となればもっと減ってきます。
 
まとまった時間のとれない私たちが理想に少しでも近づけるためには。一気にやらずに少しずつ「加算」していきましょう。
 

  • 会社帰りに1駅分歩く
  • エレベーターの代わりに階段を使う
  • 車通勤を電車にシフトしてみる
  • スーパーに歩いて行ってみるなど。

 

階段を利用しよう

 
一度にやって翌日疲れてやめてしまうよりは、この加算方式であればウォーキングが身近に感じられますよね。
 

プラスαでより効果的なウォーキング

歩くことに慣れたらもう少しレベルアップ。歩きながら背中やお腹の筋肉を鍛えましょう。
 

  • 胸をはる
  • 背筋をピンと伸ばす
  • 肩の力を抜く
  • 視線は足元ではなく遠く
  • 太ももから足を動かし、踵から着地少し大股で歩く
  • 腕を大きく振る
  • 早歩き

 
どうですか?結構、いろいろな筋肉を使うでしょ。「ながら」筋トレです。続けるうちに立ち姿や歩く姿勢が良くなります。筋肉が鍛えられ、姿勢を維持する力がついた証拠です。
 

効果的なウォーキング

 
きっとその頃には周りの風景を楽しむ余裕も出てきます。今までは気づかなかった発見もあるかもしれません。気分もリフレッシュされ、脳も活性化します。歩いただけで、いろいろな変化を感じることでしょう。
 

ウォーキングも厳しいと思ったあなたへ

体調や天候、日々の忙しさなどで、なかなかウォーキングも難しいと思ったあなた。諦めないでください。体をほぐすだけでもいいのです。「ストレッチ」です。
 
筋肉や関節を伸ばして怪我防止にウォーミングアップや、鍛えた部位のケアにクールダウン時のストレッチは大切で、是非行って欲しいエクセサイズです。
 
これを運動時だけするのはもったいない。メタボ対策運動は「きつくない」がモットー。スローエクセサイズとしてストレッチをしましょう。
 

ストレッチ

 
例えば凝り固まった肩を回すだけで、ポカポカしてきて軽くなってきます。血行がよくなった証拠です。
 
1日中パソコン作業をすると背中や腰が痛くなります。背中を反らしたり、前屈するだけでも凝った部分が伸びていきます。
 
これを全身にしてあげたら、1日の疲れが取れ、血流改善になり、代謝力もアップします。
 
ウォーキングなどの有酸素運動はちょっと……という方にも是非オススメです。お風呂上がりに1日頑張った体を気持ち良く伸ばしてみませんか。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 012821e20261cb1bdcd6a95712fcada2_m

    ケイ素

    血液循環・血行不良を呼吸で良くする超簡単な方法

    私達人間は生まれてすぐ、誰に教えられたわけ…

  2. 011

    ケイ素

    水溶性ケイ素サプリメントに安全な植物性ケイ素が誕生!

    植物性水溶性ケイ素を購入してみました。40代に入ってか…

  3. 1fb736ab52d5e8b2d1e5d8d296ed858b_m

    イノシトール

    サプリや漢方薬でメタボ改善の対策が始まった!

    日本中の中高年が悩んでいる!メタボ改善…

  4. drink_water
  5. 872_eye

    イノシトール

    メタボは腹囲だけでなく内臓脂肪や皮下脂肪の有無が重要

    腹囲太る=メタボ? メタボ判定では腹囲(男性腹囲が85cm…

  6. rice_bran

    イノシトール

    イノシトールとは?副作用のない隠れた抗脂肪肝ビタミン。

    イノシトールは天然の甘味料キシリトールをご存知ですか?甘く…

最近の記事

  1. 79be75f4e753efa0fe924f1ae05ab278_m
  2. top171027
  3. 87d96566d98420dbb51a9aee55252a4f_m
  4. b9fada6d7641ba331dd74ca9aa36b8fc_m
  5. z5cj7mc4

特集

  1. メタボとは?
  2. 内臓脂肪と皮下脂肪の違い
  3. メタボと食事
  4. メタボと睡眠
  5. ストレスとの関係
  6. 予防法:運動編
  7. 脱メタボ食事のコツ
  8. 食事対策1
  9. 食事対策2
  10. 運動対策
  11. メタボに効く成分
  12. 子供とメタボ
  13. 生活習慣を意識する

ケイ素とは

  1. 効果・効能を解説
  2. ケイ素サプリメント比較
  3. 効果的な摂取方法
  4. ケイ素が多い食品
  5. ケイ素と海外セレブや芸能人
  6. Q&Aで解説

体験談

  1. 希釈して肌や髪にスプレーしてみた
  2. 美肌効果を簡単に体験してみた

健康効果

  1. 骨粗鬆症
  2. 免疫力向上
  3. デトックス
  4. 睡眠の質
  5. 血管と血流
  6. ペットの健康
  7. ワキガ・加齢臭

美容効果

  1. ダイエット
  2. 爪を強くする
  3. 白髪・養毛
  4. 美肌効果
  5. 高級化粧品成分
  6. エイジングケア
  7. お肌のハリとケイ素
  8. ハリがなくなる2つの原因
  9. 見た目年齢を決める4ライン
  1. obesity

    イノシトール

    脂肪肝や中性脂肪に対するイノシトールの驚きの効果効能!
  2. 458_eye

    ケイ素

    血管年齢を若くし、血行/血流を改善するにはケイ素がオススメ!
  3. eye_1058

    イノシトール

    簡単な運動にメタボの予防効果あり!
  4. エスカレーター

    イノシトール

    メタボ改善!でもあなたの運動の仕方、間違ってませんか?
  5. 1fb736ab52d5e8b2d1e5d8d296ed858b_m

    イノシトール

    サプリや漢方薬でメタボ改善の対策が始まった!
PAGE TOP