3e29ae4a4752003a024f3b2a7a3701db_m

イノシトール

メタボを改善する食事で気を付けたいことは?

調理の段階で、メタボ予防はできないか?
 
メタボ改善対策を施した食事に、量や食べ方を工夫すればより効果が上がります。
 
 

お肉の脂身をチェック!

1週間のうちどれだけ、お肉を食べますか?
育ち盛りのお子さんのいる家庭では毎日!というところもあるでしょう。
 
私たちがよく食べる、お肉の脂身について考えてみましょう。
 
 

お肉の脂身の特徴

 

  • 動物性脂肪のため、もともとコレステロールが多い。
  • 不飽和脂肪酸が少ない。
  • 取りすぎると中性脂肪やコレステロールが増加してしまう。
  • お肉が柔らかくなる。
  • 風味がアップ。

 
(お魚は不飽和脂肪酸が豊富。不飽和脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを減少し、血栓を溶かしてくれます。
 
このようにお肉の脂は「できるだけ排除したい脂」になるのです。
 
最近の日本人の食卓は欧米化が進み、昔ながらの和食が少なくなってきました。
 

欧米化により変わる食生活

 
魚料理よりも肉料理を食べる機会が増え、ドロドロ血の元である飽和脂肪酸過多になっています
 
これが内臓脂肪増へ、メタボへ、そして糖尿病や高血圧などの生活習慣病を発症する最初の入り口かもしれません。
 
かといって、脂を敵視するばかりにお肉やお魚を一切食べない、というのはいけません。
 
お肉は、私たちの体を維持する重要なタンパク源。
 
筋肉の元になるものがなければ、かえって疲れやすく、風邪をひきやすい体になってしまいます。
 
お肉の脂をカットしましょう。
 
お料理する前に、脂身を外して調理する。その一手間がメタボ予防になるのです。
 
工夫すれば脂身はカットできます。
 

脂質はカット

 
定番メニューも調理器具を使って上手に脂質カットができれば、今まで以上に体に入る脂分を減らすことが可能です。
 
これからご紹介する例を参考にして、みなさんのやりやすい、続けやすいやり方を見つけてくださいね。
 
しかし、やりすぎるとお肉そのものの美味しさもなくなるのでそこはさじ加減が必要ですよ。
 

溶け出した脂は逃しません

お肉は加熱すると脂が溶け出してきます。
表面に浮かんでくるもの、「アク」です。
 
例えばお肉と一緒に野菜を煮込むとき、アクをしっかり取らないと、野菜に染み込んでしまいます。味自体も悪くなりますから、アク取りシートなどを使ってこまめにアクをとりましょう。
 

アクを取る

 
野菜の味も損なわず、かつ余計な脂もカットできますね。
 
煮込んだ後、1度冷やすと表面に脂分が白く固まっているのを見たことがありませんか?それも溶け出した脂分です。
 
そのままにせず、きちんと取り除きましょう。
 
この一手間で、余計な脂肪分を摂取しなくてすみます。
 

フライパンを変えるべし!

よく中華の料理番組を見るとよく使われているのが中華鍋。プロは鉄製のフライパンや中華鍋を使って、強い火力で一気に料理を仕上げています。
 
また洋食屋さんでは熱伝導がよい銅製のフライパンがよく使われていますね。
 
プロが選ぶ道具ですから、やはり1番と思いますよね。
 
でも待ってください!
 
プロ仕様の調理器具は確かに理にかなっているのですが、扱い方が大変。あの重い中華鍋を軽々扱える女性は少ないのではないのでしょうか?
 
焦げないようにたくさんの油を使い、片付ける前には錆びないように油を少し残すというような手間を毎日かけられますか?
 
そこで登場したのがテフロン製の調理器具。今ではホームセンターの調理器具コーナーの主流になっています。
 

テフロン製のフライパン

 
何故、このテフロン加工のものが人気なのでしょう。
 
やはり1番は、軽さ
 
腕力のある男性ならいざ知らず、毎日料理をする女性にとって重いフライパンは負担にしかなりません。
 
次に錆びにくい事
 
中性洗剤で軽く洗えば汚れが落ちる手軽さは非常に助かります。実はそれだけではありません。
 
テフロン加工のフライパンの最大の良さは、少ない油で調理できる事!
 
例えば鉄製フライパンと比べて、油の量が半分で済むのです!テフロン加工のフライパンは主婦にとっては扱いやすいだけでなく、健康志向の今にぴったりな調理器具と言っていいでしょう。
 
プロの調理器具は扱うのも大変の上、美味しさと引き換えに、本来取らなくても良い油も一緒に食べている可能性が!!!
 

鉄製のフライパン

 
中華料理では、野菜にテリを出したり、味を染み込みやすくするため、油通しという作業があります。この油も毎日となったらかなりの量になりますよね。
 

酸化した油に要注意

どのご家庭でも食べきれずに残ってしまった揚げ物や油炒めなどを温め直して食べますよね。
 
ここで注意して欲しいこと。油は酸化します!揚げ物は揚げたてが一番美味しい。時間が経てばたつほど、味が落ちてきます。それは油が酸化したため。酸化した油は体に非常に悪いのです。
 
味・健康両面から、作りたてをその日に食べきるということが大切。
 

その日に食べる必要性

 
もちろん、家で使う揚げ油にも同じことが言えます。安いとつい大きい容器を買ってしまいます。しかし1度封を開けたものは、徐々に酸化していきます
 
ですから油は長期間保存を考えずに、短期間で使いきれるサイズのものを購入しましょう。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. qa-1

    ケイ素

    水溶性ケイ素(シリカ)サプリメントに関する疑問についてQ&A形式で徹底解説!

    よくある質問・疑問珪素は、からだの中でどのような働きをする…

  2. 969_eye

    イノシトール

    あなたの何気ない生活習慣である睡眠不足がメタボを作る。

    ぐっすり眠れていますか?通勤電車で腰かけるとすぐに居眠りを…

  3. cfe26d0bbe6fe80a31ee8401d4b7aa9e_m

    イノシトール

    将来の健康のためメタボにならないからだ作りを始めよう

    現代生活はメタボになりやすいメタボ予防…

  4. b9fada6d7641ba331dd74ca9aa36b8fc_m

    イノシトール

    もう繰り返したくない!便秘体質からさよならするには!

    便秘を克服するには?誰でも便秘の苦しさを改善したい!と思い…

  5. 908_eye

    イノシトール

    あなたの何気ない食事の生活習慣がメタボを作る

    生活習慣病のきっかけとなるメタボシンドローム。 今は若いか…

  6. ケイ素

    読売テレビ系「ZIP(ジップ)」2015年2月23日に紹介されました

    2015年2月23日 放送 日本テレビ(日テレ)・読売テレビ系…

最近の記事

  1. 79be75f4e753efa0fe924f1ae05ab278_m
  2. top171027
  3. 87d96566d98420dbb51a9aee55252a4f_m
  4. b9fada6d7641ba331dd74ca9aa36b8fc_m
  5. z5cj7mc4

特集

  1. メタボとは?
  2. 内臓脂肪と皮下脂肪の違い
  3. メタボと食事
  4. メタボと睡眠
  5. ストレスとの関係
  6. 予防法:運動編
  7. 脱メタボ食事のコツ
  8. 食事対策1
  9. 食事対策2
  10. 運動対策
  11. メタボに効く成分
  12. 子供とメタボ
  13. 生活習慣を意識する

ケイ素とは

  1. 効果・効能を解説
  2. ケイ素サプリメント比較
  3. 効果的な摂取方法
  4. ケイ素が多い食品
  5. ケイ素と海外セレブや芸能人
  6. Q&Aで解説

体験談

  1. 希釈して肌や髪にスプレーしてみた
  2. 美肌効果を簡単に体験してみた

健康効果

  1. 骨粗鬆症
  2. 免疫力向上
  3. デトックス
  4. 睡眠の質
  5. 血管と血流
  6. ペットの健康
  7. ワキガ・加齢臭

美容効果

  1. ダイエット
  2. 爪を強くする
  3. 白髪・養毛
  4. 美肌効果
  5. 高級化粧品成分
  6. エイジングケア
  7. お肌のハリとケイ素
  8. ハリがなくなる2つの原因
  9. 見た目年齢を決める4ライン
  1. 122ago_1

    ケイ素

    見た目年齢を決める4つのラインとは
  2. 79be75f4e753efa0fe924f1ae05ab278_m

    花粉症対策

    国民病と言われる花粉症とは?原因や症状について解説
  3. 969_eye

    イノシトール

    あなたの何気ない生活習慣である睡眠不足がメタボを作る。
  4. 481_eye

    水素水

    活性酸素とは何?悪性の活性酸素が引き起こす病気を徹底解説
  5. z5cj7mc4

    イノシトール

    あなたを悩ます不調、便秘が原因かも?
PAGE TOP