122ago_4

ケイ素

お肌のハリがなくなる2つの原因とは?|水溶性ケイ素サプリメント

ハリがなくなる2つの原因とは?

「年を取ってくると、お肌にハリがなくなるのよね」とおっしゃる方。
確かにその通りなのですが、では何故年齢とともにハリがなくなるのでしょうか。
その原因は、大きく分けて2つあります。
1つ目はコラーゲンが減るために起こる「皮膚のたるみ」です。
お肌は表皮・真皮・皮下脂肪の3層になっていますが、このうちの真皮の約70%をコラーゲンが占めています。
このコラーゲンが加齢とともに減っていき、さらに質も劣化してしまいます。
さらに、細胞も加齢とともにコラーゲンを有効に使うことができなくなります。
しかも、日々浴びる紫外線は細胞やコラーゲン、ヒアルロン酸を劣化減少させてしまいます。
その結果、お肌のハリや弾力がなくなり、たるみやシワが増えてしまうのです。

 

 

2つ目は、表情筋が衰えるために起こる「皮下脂肪たるみ」です。
表情筋は眼輪筋、大小頬骨筋、オトガイ筋、口輪筋など40種類以上あると言われています。
ところが、日常生活で使われる筋肉はその3割程度。
使わなければ筋力は低下し、筋肉の筋線維が細くなるため、隙間に脂肪が入り込みます。
筋力のなくなった皮膚はこの脂肪を支えきれず、たるみを引き起こすのです。
さらに、加齢とともに新陳代謝が衰えると、脂肪が排出されにくくなり皮膚に溜まってしまいます。
これも皮下脂肪によるたるみの原因となります。

 

たとえ若くても、無表情だったり無理なダイエットで筋肉が衰えると「皮下脂肪たるみ」は起こります。
また、コラーゲンはタンパク質ですから、やみくもに動物性食品を制限するとコラーゲンが不足し、「皮膚たるみ」にもなってしまいます。
ですから、ダイエットをする時には化粧品やサプリメントなどでコラーゲンを補ってやらないといけません。
それと同時に表情筋トレーニングなどを行なって、脂肪がつきにくくすることも大切です。
でも、一番良いのは良く笑うことです。
笑えば表情筋が自然に鍛えられますし、血行が良くなってコラーゲンがお肌に運ばれやすくなるのです。

 

表情筋とハリには密接な関係がある

なぜお肌がたるんで来るのか。
その理由を知るために、まずは顔の皮膚の構造についてご説明しましょう。
一番上が「表皮」で、次が「真皮」、「皮下組織」と続きます。
その下に「筋肉」があり、最後が骨です。
また、皮膚から骨にかけて「リガメント」と呼ばれる支柱があり、これによって肌がたるまないようになっています。
ところがリガメントは密集していないため、だんだん支柱と支柱の間がたるんで来てしまいます。
これがたるみの原因です。

 

 

顔の筋肉が衰えると、支柱がない部分は骨に向かって垂れ下がってしまうため、表情筋を鍛えなければいけません。
鏡や写真で自分の顔を見た時に「疲れた顔だな」と感じたら、表情筋が衰えてきている証拠です。
「前頭筋」は眉毛の上のほうから伸びる筋肉で、衰えると額に横ジワが増え、眉も下がってきます。
「眼輪筋」は目の周りにあり、衰えると目尻のシワやたるみができやすくなります。
「頬筋」はあごから口角まで伸びていて、口角が下がるのはこの筋肉の衰えが原因です。
「口輪筋」は唇の周りにあり、衰えると口の周りにシワやたるみができます。
「オトガイ筋」は唇の下から顎に向かっている筋肉で、二重あごになったらここが衰えています。

 

表情筋を鍛える一番簡単な方法が「笑う」ことで、表情筋のほとんどが使われます。
ですから、たとえ無理にでも笑顔を作るだけで、表情筋は鍛えられるのです。
さらに、筋肉を動かすことで血行が良くなり、皮下脂肪の軽減やむくみの解消も期待できます。

 

実は、表情筋をよく使うほど、ストレスが軽減されるのだそうです。
表情筋は副交感神経と関係があると言われ、笑顔になったり表情筋の運動をすると、リラックス効果をもたらすのだそうです。
でも、お肌が硬くなっていると、なかなか表情を作ることはできません。
ですから、入浴後など血行が良くなっている時にコラーゲン配合化粧品をつけ、それから顔の筋トレをするようにして下さい。
それによって、短期間で高い効果が望めるのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. a4cf4770c53221f312dbf405887245a6_m
  2. 363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_l

    イノシトール

    危険!注意!メタボな子どもが増えている

    よく食べ、よく遊び、よく眠る子どもってそういうイメージ…

  3. 96_eye

    ケイ素

    骨粗鬆症予防はケイ素/カルシウムが重要|食事で骨粗しょう症予防

    ずっと自分の足で歩くために今、日本人の4人に1人が65…

  4. eye_1058

    イノシトール

    簡単な運動にメタボの予防効果あり!

    メタボに対する運動の効果とは?疲れたときあなたはどちらのタ…

  5. ケイ素

    読売テレビ系「ZIP(ジップ)」2015年2月23日に紹介されました

    2015年2月23日 放送 日本テレビ(日テレ)・読売テレビ系…

  6. qa-1

    ケイ素

    水溶性ケイ素(シリカ)サプリメントに関する疑問についてQ&A形式で徹底解説!

    よくある質問・疑問珪素は、からだの中でどのような働きをする…

最近の記事

  1. 79be75f4e753efa0fe924f1ae05ab278_m
  2. top171027
  3. 87d96566d98420dbb51a9aee55252a4f_m
  4. b9fada6d7641ba331dd74ca9aa36b8fc_m
  5. z5cj7mc4

特集

  1. メタボとは?
  2. 内臓脂肪と皮下脂肪の違い
  3. メタボと食事
  4. メタボと睡眠
  5. ストレスとの関係
  6. 予防法:運動編
  7. 脱メタボ食事のコツ
  8. 食事対策1
  9. 食事対策2
  10. 運動対策
  11. メタボに効く成分
  12. 子供とメタボ
  13. 生活習慣を意識する

ケイ素とは

  1. 効果・効能を解説
  2. ケイ素サプリメント比較
  3. 効果的な摂取方法
  4. ケイ素が多い食品
  5. ケイ素と海外セレブや芸能人
  6. Q&Aで解説

体験談

  1. 希釈して肌や髪にスプレーしてみた
  2. 美肌効果を簡単に体験してみた

健康効果

  1. 骨粗鬆症
  2. 免疫力向上
  3. デトックス
  4. 睡眠の質
  5. 血管と血流
  6. ペットの健康
  7. ワキガ・加齢臭

美容効果

  1. ダイエット
  2. 爪を強くする
  3. 白髪・養毛
  4. 美肌効果
  5. 高級化粧品成分
  6. エイジングケア
  7. お肌のハリとケイ素
  8. ハリがなくなる2つの原因
  9. 見た目年齢を決める4ライン
  1. cfe26d0bbe6fe80a31ee8401d4b7aa9e_m

    イノシトール

    将来の健康のためメタボにならないからだ作りを始めよう
  2. 114

    ケイ素

    高級化粧品成分シラノールの驚くべき美肌効果|水溶性ケイ素サプリメント
  3. 852_eye

    イノシトール

    糖尿病・高血圧・脂質代謝異常につながるメタボとは?
  4. 719_eye

    水素水

    ダイエットや健康・美容など体に良い水素水の効果的な飲み方
  5. 96_eye

    ケイ素

    骨粗鬆症予防はケイ素/カルシウムが重要|食事で骨粗しょう症予防
PAGE TOP